東京オリンピック2020 ボランティア 応募者不足?

 

東京オリンピックが2020年に開催されることはすでにご承知の方がほとんどだと思われるが、この機会にオリンピックボランティアをと考えている方もたくさんおられるだろう。

ボランティアの仕事はどんなものがあるのか、また実際ボランティアはどんな風に働くのか・・。気になるところを考えてみよう。

 

ボランティア3

 

ボランティアの募集

ボランティアは『TOKYO2020を動かす力だ』というふれこみで、2018年9月26日より募集開始となった。その後ボランティアの応募状況はどうなっているだろうか。

応募登録に30分もの時間を要するというので、かなりの批判的な声があるものの、すでに登録人数は2018年10月5日時点で61,826人、応募完了者は31.982人となっている。

募集人数は8万人。

応募期間は12月21日17時までということなので、まだ応募することは可能である。

また、オリンピック・パラリンピックのどちらかだけでも参加可能。両方参加の場合は、それぞれ10日以上合計20日以上。両方に参加する場合は、活動日が重複しないようにご注意を。

 

オリンピックボランティアの種類

大会ボランティアは、東京2020組織委員会が募集し、競技会場、選手村などの大会関係施設において大会運営に直接携わるボランティア。
都市ボランティアは、東京都を含め競技会場が所在する自治体が募集し、空港・主要駅・観光地などで観客や観光客の案内をするボランティア。
東京2020大会のボランティアは、東京2020組織委員会が募集する8万人の大会ボランティア、東京都が募集する3万人の都市ボランティア、さらに競技会場が所在する自治体が募集する都市ボランティアを合わせて11万人以上の活躍を想定されている。

 

オリンピックボランティアの活動内容、活動場所、活動時間

 

案内ボランティア

大会ボランティアは競技会場、選手村の大会関係施設で観客サービス、競技運営サポート、メディアサポートなどで、会場オープン30分前から朝礼、諸連絡ごにポジションへ移動、観客用ゲートオープン、終了後2時間で観客用ゲート対応終了。間に30分の休憩が3回、食事休憩が60分。活動時間7時間となっている。

メディアボランティア

(シフト1)競技開始3時間前 直接活動場所に移動 べニューメディアセンターオープン15分休憩が2回、食事休憩1時間、引き継ぎなど、活動終了は開始より8時間。

(シフト2)直接活動場所へ行き、引き継ぎ後15分の休憩が2回、食事休憩1時間、競技終了4時間後にべニューメディアセンタークローズで8時間。

ボランティア2

 

オリンピックボランティアの応募の仕方

応募資格は2002年4月1日以前に生まれたすべての人応募可能。

『東京オリンピック2020大会ボランティア』で検索可能。

語学力を必要としない活動内容もあるため、語学に自信がなくてもボランティアとして活躍したいという熱意ある人を募っている。

外国からの選手・大会関係者・観客の来日や、ボランティアにも多くの外国人の参加も想定されるため、外国語での挨拶や日常会話などができると、より楽しんで活動できる可能性あり。

障害の有無にかかわらず、応募可能。オリエンテーションや研修・活動において配慮・サポートが必要な場合は応募の際にその旨を記載。

希望する役割・活動場所と実際の役割・活動場所のマッチングにより必ずしも希望に添えない場合あり。

「移動サポート」の一部では普通運転免許が必要。その他の役割は特別な資格は必要ではない。

過去の大会やスポーツボランティアなど、ボランティア経験のある人は応募歓迎。

希望活動場所(都道県単位)、活動分野は選択可能。具体的な協議は洗濯不可能。また、希望に添えない場合もある。

ボランティア採用確定(マッチング)は2020年3月以降に、活動分野・内容・会場のお知らせを承諾した時点でマッチング成立。

 

オリンピックボランティアのオリエンテーション・研修

国内在住者は応募登録時に選択した会場(日本国内)でのオリエンテーション・研修受講。オリエンテーションは日本語と英語で平日夕方以降、土日祝日に実施。

テストイベント(オリンピック・パラリンピックの本大会の成功に向けて、競技運営及び大会運営の能力向上目的に、セイリング、水泳、近代5種、アーチェリー、ボート、馬術、ゴルフ、トライアスロン、ホッケー、空手、カヌー、マラソン、テニス、卓球)

 

オリンピックボランティアの応募登録

登録時のログインメールアドレスは変更出来ないのでGメールなど、携帯電話を交換しても、またPCでも通信可能な物を準備してから、登録作業を行うことが望ましい。

パスワードは、9桁以上、下記の3種類が全て含まれた文字列での設定が必要。
半角英小文字(a-z)、半角英大文字(A-Z)、半角数字(0-9)

応募登録が完了したかどうかは、マイページ画面内の「マイステータス」で確認することが可能。

マイステータスの表示が『登録受付済』となっていたら応募登録完了。

ボランティア1

 

オリンピックボランティアの活動分野と内容

競技エリアで試合のサポートもあれば、競技場の裏側での活動もあり選手の近くの活動のみではない。

活動に必要な語学レベルはなく、それぞれの語学レベルに応じた様々な活動あり、語学力が不要な活動もあり。

 

活動にあたり提供されるグッズ

  • 「東京2020大会 大会ボランティア」オリジナルデザインのユニフォーム一式(シャツ、ジャケット、パンツ、キャップ、シューズ、バッグ等。アイテムによっては、複数枚を予定)
  • 活動中の飲食
  • ボランティア活動向けの保険
  • 活動期間中における滞在先から会場までの交通費相当(1000円/日)

 

最後に

「大会を成功させたい」「大会ボランティアとして活躍したい」という人  まだ間に合います!

東京五輪2020ボランティアに応募しましょう!!!

 

〈東京2020大会ボランティアHP参考〉