いだてん NHK 大河ドラマ 第一話のあらすじ 

 

2020東京オリンピックの開催を目前に、日本全体が盛り上がりつつある今、いよいよ始まる大河ドラマ。

日本で初めてオリンピックに出場しようとするときのことから、話は始まります。

金栗四三

                     (出典 NHK大河ドラマ

いだてん 第一話

 

さて、第一話は、初回オリンピックに出場する前の準備段階が描かれています。

1959年、五輪招致目前の東京。大渋滞の日本橋を通りかかった落語家の古今亭志ん生(ビートたけし)は寄席に向かっていた。その日、高座で志ん生が語り出したのは、50年前の日本のオリンピック初参加にまつわる噺(はなし)。1909年、柔道の創始者、嘉納治五郎(役所広司)はストックホルム大会を目指して悪戦苦闘していた。スポーツという言葉すら知られていない時代。初めての派遣選手をどう選ぶか。日本オリンピック史の1ページ目を飾る物語。

出典 NHK大河ドラマいだてん

 

進行役 志ん生さんを演じる ビートたけしさん

 

                    出典 NHK IDATEN倶楽部

「いだてん」の物語は、昭和の名人・古今亭志ん生の架空の落語「東京オリムピック」によって紡がれていく。

ビートたけしさん演じる 型破りな芸風と浮世離れした人生を歩んできたことで知られる落語家・志ん生さんの 語り口調も

観る人を楽しませてくれるに違いない。たけしさん自身も幼少期から志ん生さんの落語を聞いて育ってきたというだけに思い入れもあるようだ。

 

                     出典 NHK IDATEN倶楽部  

 

宮藤官九郎1宮藤官九郎(宮藤官九郎)

《プロフィール》
1970年生まれ、宮城県栗原市出身。91年より「大人計画」に参加。脚本家として映画『GO』で第25回日本アカデミー賞最優秀脚本賞他多数の脚本賞を受賞。以降も映画『謝罪の王様』、『土竜の唄 香港狂騒曲』、TVドラマでは第29回向田邦子賞を受賞した「うぬぼれ刑事」、第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した「ゆとりですがなにか」など話題作を次々と世に送り出す。映画監督、俳優、ミュージシャンとしても活躍する、時代の寵児である。NHKでの執筆は、連続テレビ小説「あまちゃん」(2013年)以来、2度目。大河ドラマの執筆は、初となる

出典 NHK大河ドラマ『いだてん』                   

 

落語家志ん生さんを演じるたけしさん、それほど仲が良かったというわけでもない宮藤官九郎さん(脚本を手がける)からオファーが来た時に、志ん生さんを演じてほしいと聞き、今までのNHKの大河ドラマとは違うものがやれそうだと感じて、引き受けたとのこと。

ビートたけしさんは、いだてん倶楽部のインタビューで、このドラマの進行役として志ん生さんを演じることを通して「今の人たちに志ん生さんの落語を聞いてみたいって思ってもらいたいね」「志ん生さんの魅力は、客の前で寄席や芸事をやったことがないとわからないかもしれないけど、せめて「いだてん」を通じて、志ん生さんがどんだけすごかったかっていうことぐらいは伝えられたらいいね。」とも語っている。
 
天才だと仰ぐ志ん生さんの落語をまねをしても勝てるわけがないと、謙遜しているビートたけしさんだが、本来の落語ではなくドラマの進行をするという役目ということで、昔から意識して来た志ん生さんのやり方を元に、気楽に楽しませてくれることだろう。
 
ビートたけしさんが『ツービート』っていう漫才師だったってことを知らないごく一般的に暮らしてる今の人たちに、「志ん生さんの落語を聞いてみよう」って思ってもらうことができたらという願いもあり、今後の噺家としての演技にも注目したいところだ。
 
大河ドラマ「いだてん」で、天才とも破天荒とも称された独特で唯一無二の世界観・古今亭志ん生の半生とともに、たけしさん流の“志ん生落語”を楽しみましょう!
 
今回も最後までお読みいただきありがとうございました。